強い精神はメンタルクリニックで入手|優秀医師の正しいケアを受ける

仲間

心の病の病院選び

楽しい

うつ病などの心の病が社会問題となっており、これに伴ってメンタルクリニックの数も増え、以前に比べてメンタルクリニックを受診する敷居も下がったと言えます。一方で、多くのクリニックからどれを選べばいいかという迷いも生じるようになりました。心の病の治療で大切なことは、継続的な薬の服用やカウンセリングです。どのような治療法を用いても、風邪のように数回の通院で治すというより、定期的な通院が必要となります。そのため、どんな名医がいても通いづらい遠方のメンタルクリニックでは治療に支障が出る可能性が高いです。地域を通いやすい場所に絞り、その範囲内で情報を集めることが大切です。また、セカンドオピニオンを常に考慮しておくことも大切です。心の病は患者の問診と症状の自己申告に基づいた治療となり、レントゲンなどのような客観的な検査ができません。そのため、二つの病院を受診すると病名が全く異なるという場合もあります。まずはいくつかの病院をピックアップし、雰囲気や立地、評判などから最も通いやすいクリニックを訪ねてみましょう。その後治療を続けていく中で、疑問点が生じた場合はまずは通っているメンタルクリニックの医師に尋ねてみましょう。心の病は安定・継続的な治療が必要なので、医師は薬を変えたり病名を変えるということに慎重です。疑問点が生じた段階で、元々のクリニックに通いつつも、他の医院でセカンドオピニオンを得るような工夫が大切です。

メンタルクリニックに通って治療が始まったら、定期的に通い、服薬も医師の指示通りに行うことが大切です。心の病の治療でよく起こる問題が、患者が自分で服薬をやめてしまうということです。少し良くなったからと言って服薬をやめてしまうと、再発の可能性が高まりますので、自己判断での断薬はしないように注意しましょう。また、メンタルクリニックの治療は医師が患者、またはその家族に質問しながら症状と現状を探っていくことになります。家族が同伴できればいいのですが、一人暮らしなどで同伴が難しい場合、患者自身が症状をうまく伝える必要があります。メンタルクリニックに通院できる日はたいてい調子が良い時が多いため、あまり不調時の情報を伝えきれないということが頻発します。そのため、不調時の様子や医師に伝えておきたいこと、聞きたいことなどはメモをしておいて医師に渡すように心がけましょう。メンタルクリニックは定期的な通院が必要なため、継続的な医療費がかかります。しかし、心の病の治療に関連した公的な医療費の補助制度は多く、実質的な負担はわずかになる可能性が高いです。特に補助制度を利用せずに通院を続けている方は、まずは医師やメンタルクリニックのスタッフに何らかの制度が利用できないかを相談してみましょう。制度の利用には、医師の診断書が必要となることが多いため、すぐには利用できませんが、長期的な視点で見ると確実に医療費の負担が軽くなりますので、このような制度の利用にも注意しましょう。

Copyright©2015 強い精神はメンタルクリニックで入手|優秀医師の正しいケアを受ける All Rights Reserved.